メリットとデメリット

コンビニ

有名なフランチャイズのメリットとデメリットを紹介します。
メリット
知名度があるので収入が安定する可能性が高い
店舗数の伸びをはじめとしてブランドの拡大によって商品力やサービスが更に増加します。
有名なフランチャイズでは売上が他のコンビニなどと比較していいことです。

デメリット
他のフランチャイズと比べると最低保証の金額が低いことと管理制度やタスクが厳しいことです。
これはブランド力とサービス力が高いために管理制度や細かいタスクの管理をオーナーが頑張らないといけません。

注文手段

夜のコンビニ

フランチャイズの先駆者のコンビニS社は注文手段が多彩で、パソコンや携帯電話などからお弁当や惣菜などの注文を配達することができるサービスがあります。
また、CDやDVD、食材などの多岐にわたる商品を取り扱うこともあります。 最近では高齢者向けの宅配サービスが充実していることがすごいです。

これらの新しいサービスやブランドの差別化をすることによって大きく成長することができる秘密となります。
なので、フランチャイズで成功しようと考えている場合にはこの考え方を真似することがいいです。

他とは違うタイプ

そば弁当

S社は圧倒的な商品の開発力やサービス力を誇ります。コンビニエンスストアでのパイオニアとしてフランチャイズでは売上高、平均販売数、店舗拡大など共に一番です。
S社は1974年に1号店を出店して依頼急成長を遂げていますが、現在では日本国内の店舗数が14000店を超えただけではなく、中国やアメリカ、タイやデンマークなどの国際的展開も推進しています。
平成23年度には全体の売上高が約3兆円超、オーナーの数も約14000人もいます。

S社の特徴は商品の差別化がありますが、この商品のうち55パーセントを閉める商品では味や品質のレベルが高いだけではなく、2001年の8月には保存料や合成着色料が完全に撤廃されています。
また、POSシステムなどバーコードによる商品管理は日本でS社が初めて導入しましたが、どの時間にどれだけの商品がどのような客に売れたかを詳細に分析してデータ化することができます。
このデータを元にして機構の変化やイベント、新製品のキャンペーンなどの副次的環境の調査などを照らしあわせて顧客のニーズを徹底的に分析して、その分析の結果を反映させることで、各店舗に置く、商品や時間事に取り扱う商品を変更するなど創意工夫を行って顧客を獲得しています。